スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.11.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

第11回 雲ヶ畑森の文化祭 実行委員会始動!


お久しぶりです 

毎年恒例となってきました“雲ヶ畑森の文化祭”

今年も実行委員会が新たに立ち上がり、動き出しました!




詳細はまだまだ話し合い段階ですが、
今年はあの玉が巨大化してみたり?いろんな場所で遊んでみたり??

おもしろいアイデアがぽんぽん飛び出しています

果たしてどんなお祭りになるのか
随時このブログでお知らせして参りますので、どうぞお楽しみに〜

(たかぎ)




開催のご報告☆その2





 代表より
今年度の森の文化祭のテーマは「河原町から30分、そこは別世界」でした。
雲ケ畑で、来場者のみなさん、雲ケ畑の地元の方、そしてスタッフと、みんなが”特別な1日”を過ごせたのではないでしょうか?

開催までには、下界でのミーティングを行い、また、今回初の試みの雲ケ畑での会議も行いました。
また、薪を割ったり、炭を焼いたり、映画を撮影したり…
本当に、約半年間、多くの準備を行ってきました。

やはり、薪や炭がつかわれなくなったのは、それだけ手間暇がかかるからなのでしょう。
昔の生活が、100%よかったわけではないと思います。
ただ、私たちが忘れている”知恵”もたくさんあります。
雲ケ畑には、そういった暮らしが残っています。
今の生活に、その知恵をプラスすれば、私たちの暮らしはもっと豊かになるのではないでしょうか?
森の文化祭で、新しいライフスタイルのヒントが見つかったとしたら、幸いです。


今回、たくさんの方が雲ケ畑に足をはこんでくださいました。
初めての方も多く、
また、実行委員のOB・OGもいました。
新たな出会い、懐かしい再会、いろいろなつながりが生まれたことでしょう。


これからも、雲ケ畑森の文化祭は、雲ケ畑とまち・過去と未来・人と人・山と暮らし…
たくさんのものを発見し、つなげるお祭りとして続いていくと思います。

最後になりますが、お世話になったみなさま、本当に、ありがとうございました!!

今後の森の文化祭が、さらに発展していくことを願って、
代表のあいさつを終わらせていただきます。

2012.11.4 山北絵美



開催のご報告☆その1


時折差し込む太陽がなんとも気持ちいい文化の日。

とうとう「第10回雲ヶ畑森の文化祭〜河原町から30分、そこは別世界〜」が開催されました!





バス増便の効果があったのか、大変多くの方にお集まりいただき、とっても賑やかなお祭りになりました♪


ふらりと立ち寄っただけのはずのサイクリングの方や町からママチャリ漕いできた学生さん。
地元の子供たちやおじいちゃんおばあちゃん。

ほんとにたくさんの方に楽しんでいただきました

ここからは各企画の様子です↓


まずは今年も大好評だった薪炭料理
バームクーヘンやお餅つきなど、見るのも楽しい料理でした。



シカ肉シチューやシカの串焼きといった山ならではの料理もありましたね♪
シカの串焼きは雲ヶ畑で焼いた炭を使いました

その場でついた、つきたてのお餅は丸めるそばから売れて行ったとか!

来場者のみなさまのお腹を満たしてくれたことでしょう♪


お昼には午前中の「笛作り」講師の玉井さんによるミニコンサートがありました↓


懐かしのメロディーや秋の歌など、ギターと笛と歌声が響きわたる昼下がりでした

地元の枝笛奏者さんによる鳥の鳴き声クイズもあって会場があたたまった頃には、
火起こしレース!!

ヤカンが沸騰するまでのこのレース、小さい子からお父さんお母さんまで、たくさんの方が奮闘されたご様子。
火を起こすって案外難しいんですよね

やってみると会場中央でやっていた焼き芋&焼きりんごがもっと美味しく感じられますね♪



会場の受付近くではあったか〜い足湯がありました↓


雲ヶ畑産のハーブを使った薬湯です
やっぱりちょっと肌寒い会場で、じんわり体をあたためてくれました♪

足湯と並んで、なんと幕末の頃作られたという木製ゆで卵器を使ったゆで卵も!
竹に詰めて炭にした塩でいただくとなんとも美味しかったです



屋内企画も盛りあがりましたよ

先だっての「笛作り」を始め、毎年恒例の杉玉作り!↓


事前予約で人数制限をさせていただいたのですが、お昼にはもう予約がいっぱいに!
また来年作りに来るわ~と残念がるお客さんも多くいらっしゃいました。すみません

屋外企画のネームプレート組み合わせてステキなスギの看板を作っている方も。
焼き杉の板に緑の葉っぱがよく映えていました


コチラも大人気、リース作り


つるの土台にスギやヒノキの葉っぱ、リボン、松ぼっくりなどいろんな飾りをつけます♪
ひと月早いリース作りでしたが、幅広い年代の主に女の子に大人気で、みなさん思い思いの可愛いリースを作っていました


コチラは薪ストーブを囲む休憩スペースに現れた水槽!
企画者たちが実際雲ヶ畑の川に入って捕まえた雲ヶ畑の川のいきもの展示です↓



魚だけじゃなく沢ガニやヘビトンボの幼虫などいろんないきものがいました!
雲ヶ畑と言えば、「鴨川の源流」!
流れを眺めるのも勿論醍醐味ですが、中まで覗いてみるとまた違った面白さがありますね。



建物の片隅ではとうとう公開「オオサンショウウオ ぬめこの大冒険」上映です!↓


マスコットキャラクター・オオサンショウウオのぬめこが雲ヶ畑の魅力を紹介するこのショートムービー集
納豆餅や炭焼き、志明院など盛りだくさんの内容で一見の価値アリ!でした。



さて屋外に戻って。

理想の森プロジェクトさんのチャイ&ミルせんも大好評でした!
環投げが入った数だけおせんべいをもらえるコーナーでは、小さいチャンピオンが30枚ものおせんべいを自慢げに宣伝していたり(笑)


雲ヶ畑・足谷 人と自然の会さんのコーナーはクロモジのお茶もさることながら、どんぐりの標本(なんと12種類!)が大人気!
当日お手伝いで来ていた学生スタッフが必死に買い求めていました。


雲ヶ畑自治振興会のみなさまやみなもと会のみなさまのコーナーも大盛況で、
とれたての新鮮な野菜や手作りのあったかいおでんが好評でした。


会場を提供して下さった森林組合雲ヶ畑支所さんのコーヒーも、祭り終盤疲れてきたスタッフを癒してくれました♪


お昼にクイズをしてくれた枝笛のおじさんのお店では、クイズで使った枝笛の他に鉛筆のアクセサリーや置物も買えて、お土産に〜と大人気でした。


そんなこんなで。
15時頃には無事閉幕した今年の森文。

お越しいただいたみなさま、開催に尽力して下さったみなさま、
お疲れさまでしたと、ありがとうございました!


またお会いできる日を楽しみにして。
第10回森文当日の様子報告でした。


(広報 たかぎ)




いよいよ森文!

 
さていよいよ目前に迫ってきましたね!
とうとう森文本番です♪

気象庁の発表によりますと
晴れ時々曇り
降水確率20%
ということで、会場は雲ヶ畑林業センターです!


出合橋から徒歩約15分、だんだんと紅葉が深まってきた雲ヶ畑の景色をどうぞお楽しみください



またご利用希望の方にメールにてご予約いただいたマイクロバスのダイヤに一部変更がございます。

≪出町柳≫ ⇔  ≪会場≫
 9:00        →      9:30
10:05     ←    9:35
10:10        →     10:40
               ←      15:10【最終】

いただいたご予約の状況から、お昼頃の便を廃止いたしました
悪しからずご了承くださいませ。


それでは実行委員メンバー一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております
魅力いっぱいの雲ヶ畑で、楽しい秋の1日を過ごしましょう♪


(たかぎ)





☆11月3日(土・祝) 第10回雲ヶ畑森の文化祭 開催☆


11月3日(土・祝・文化の日!)開催!

第10回 雲ヶ畑森の文化祭
〜河原町から30分、そこは別世界〜


森×雲ヶ畑×お祭り!
森の香りを楽しめる足湯や火起こしレース、杉玉作り体験など山ならではの企画が盛りだくさん♪雲ヶ畑の食材を生かした森グルメもあります。
ご家族やお友達、みんなでお越しください

○開催時間: OPEN9:00〜CLOSE15:00
時間帯を限定して行う企画もございます。


○会場:
晴天 ⇒京都市北区雲ヶ畑林業センター
雨天 ⇒雲ヶ畑小中学校


○入場料、参加申し込み: 不要!


○交通アクセス
 ̄瀬畑バスもくもく号
「北大路駅前」発〜「出合橋」下車。出合橋バス停より徒歩15分。片道500円。
⊆家用車
会場付近に駐車場の用意はありますが、停車台数に限りがございます。バスでのお越しをお勧めいたします。
マイクロバス
当日特別運行のため、事前予約制になります。詳細・予約は下記のアドレスまでお寄せください。片道500円(学生以下半額!)


☆当日ダイヤ
<出町柳発> ⇒  <雲ヶ畑着>
  9:00    ⇒    9:30
 10:10    ⇒   10:40
 11:20    ⇒   11:50
 12:30    ⇒   13:00
 13:40    ⇒   14:10

※下り便は、雲ヶ畑(晴天時:林業センター/雨天時:小中学校)にて約5分ほど停車したのち発車いたします。時間変動が予想されますが、ご容赦ください。


○お問い合わせ先:moribun10☆gmail.com  ※☆を@に変えてください。


○タイムスケジュール企画(予定):
10:00~11:00 笛作り体験
11:00~11:30  餅つき
11:30~12:15  笛 演奏
12:15~12:45  餅つき
13:00~14:00  火起こしレース

○常時開催企画:
・森グルメ(シカ肉料理、おでん、コーヒー他)
・雲ヶ畑の川の生き物たち(展示)
・杉玉作り体験(人数制限アリ)
・あったか足湯
・映画「坂の上の雲ヶ畑」上映(建物内)
・雲ヶ畑のお土産コーナー
・焚き火
・理想の森カフェ



○主催:雲ヶ畑森の文化祭実行委員会
○共催:雲ヶ畑森林組合、雲ヶ畑自治振興会、みなもと会、足谷・人と自然の会、理想の森プロジェクト、山仕事サークル 杉良太郎(すぎよしたろう)
○後援(一部申請中含む):公益社団法人 京都モデルフォレスト協会、京都府地球温暖化防止活動推進センター、京都府、林業女子会@京都、京都市、古材文化の会、京都 森と住まい百年の会




まち☆すた出演

 こんばんは☆代表です
早いもので、森の文化祭の開催まで、あと23日となりました



さて、昨日、新大宮みんなの基地にて「まち☆すた」というイベントに出演しました
http://www.facebook.com/home.php#!/events/284334648347998/

京都で町つくりに取り組む団体として、
イベント開催までの流れや、開催に当たって工夫していることなどをご紹介しました。



広告・映像関係の社会人の方、お坊さん?!もいらっしゃって、
緊張しましたー


新大宮商店街では、現在商店街と回りに住む人の交流を図って、
「そらたね祭り」を企画されているのですが、
森の文化祭とはまた違った悩みもあるそう

例えば、開催の安定に伴って、商店街の方の共催感が薄れてきているそうです。


講演の後は、質疑応答タイムがありました。



「雲ヶ畑森の文化祭はどうやって地元の方を巻き込んでいるのですか
という質問には、
「私たちのお祭りは、”雲ヶ畑ならでは”にこだわっていて、そうすると地元の方の手を借りなければお祭りの準備ができません。巻き込むことから、お祭りができていくんです
とお答えしました。

杉玉、鹿肉料理、足湯などなど、地元の方の協力なしでは、到底実現できません!


「どうして山で地域おこしをしなければならないのか?」
という疑問には、
「雲ヶ畑地域の方が好きだから、が一番大きいですね
普段(山仕事サークルで)お世話になっている地域の方に、
何か恩返しをしたいです」
と回答しました。

最後はなぜか”町コン”の話で盛り上がってましたが・・




同じ地域おこしチームとして、これからも交流していきたいです。

ありがとうございました


やまきた

9月27日(木)杉玉試作会!!@雲ケ畑

こんばんは。実行委員で杉玉を担当している高見です


報告が遅れましたが、927
()に雲ケ畑小中学校をお借りして杉玉の試作会をしました。雲ケ畑在住の3
人の杉玉指導者と足谷の会の方にお越しいただきました。


杉玉企画は、森の文化祭では毎年恒例の企画で、定員いっぱいまで参加者がいらっしゃる人気企画です!!



11
3日の森文当日に向けて我が森文実行委員も杉玉技術を習得するべく、杉玉の試作です。



それでは、簡単に杉玉の作り方を紹介します。



(準備物)

杉玉の芯、剪定ばさみ、枝切りばさみ、紐(麻紐など)、杉の葉(たくさん)

 

 

まずは杉玉の葉を入れるために針金で作った芯を用意します。この時に芯に長めの紐をくくりつけておくとまるく仕上げるときにどこかにつるしてハサミを入れることが出来るので作業がしやすくなります。杉玉はこれがなければ作ることができません。





ここに適当なサイズに切りそろえた杉の葉を差し込んでいきます。杉の葉は先がとがっていて手がチクチクするのでご注意ください。一つの穴あたり杉の葉が
34本は入ります。あまり奥まで差し込み過ぎると反対側から杉の葉が差し込めなくなるので注意が必要です。







他の穴にも同様に杉の葉を差し込んでいきます。出来るだけたくさん杉の葉を詰めるほどまるく仕上げた時の仕上がりがきれいになります。








全ての穴に杉の葉を差し終えたら、最初に芯に着けておいた紐を物干し竿につるすなどして長ばさみで切りそろえていきます。

この時、他の人に杉玉を持ってもらいながらハサミを入れると作業がしやすくなります。
(杉玉を持っている人の手を切らないようにご注意ください。
)




この時、玉全体が丸く、滑らかになるように切ってください。全体を大まかに切り終えたら、次は剪定ばさみなどの小さいハサミを準備して、形を整えるように全体を切ったら杉玉の完成です!!


家の軒下の飾りなどにいかがでしょうか?




なお、
113日の森の文化祭当日は、杉玉は10時から林業センター内(雨天時は雲ケ畑小中学校の体育館の中)で行います。

午前中は
5名、午後も5
名の限定ですので是非参加したい方は申し込みはお早めにお願いします。

受付は9時頃から行う予定です。杉玉を作り終えるまでにかかる時間はだいたい2時間30分〜3時間30
分程度ですので時間に余裕を持ってお越しください。



タカミ


映画森の文化祭・ぬめこの大冒険―予告編―

 みなさま、こんにちは!


映画班より報告のようなものです。

去る9月20日、我々は撮影に出かけました。
まだ編集作業は終わっていませんが、どんな感じになっているのかという近況報告もかねて、
予告編を作ってしまいました!!

まだ完成してもいないのに予告編だけ公開してしまうなんて、嬉しがりにもほどがあるやろ!
と、思われるかもしれません。僕も思います。でも作ったのは僕です。

まぁ、あまり期待せずに見てください。きっと本編はもっと面白くなる…はず!
(なお、音声は入っていません)↓

http://youtu.be/B2T4BssQIh0



by映画班・やまもと

猟師さんのお話〜シカ肉の燻製・シカの角細工について〜

 みなさん、残暑に負けていませんか?
雲ヶ畑では、そろそろ秋の風が吹いていました

さて、毎年、森の文化祭の目玉となるのが、「薪炭料理」
雲ヶ畑の薪や炭を利用して、山の恵みを生かした料理を作ります。
今年もなんと、9月19〜21日に炭焼き合宿をやるくらい、気合いが入ってます!


さて、そんなお料理なんですが、今年は鹿肉の燻製にチャレンジしたいと思っています

鹿、食べちゃうの?かわいそう!という方もいるかも知れませんが、
山では昔から猟師さんが鹿を捕って、貴重な食料となっていました。

そして、今、猟師さんが減ったこともあり、山には鹿がたくさん。。
畑の野菜が食べられたり、いろんな被害も出ています。

そんなこともあり、森の文化祭では毎年、山の恵として鹿のお料理を出しています。

今年度の料理長が特にこだわっているのが、
鹿肉の燻製!
ワイルドだー

作り方を教えていただくため、先日、雲ヶ畑の猟師さんのお宅を訪ねました。
まず出てきたのは、


お手製だそうです
森の文化祭当日に、販売予定です。

鹿猟のお話も伺ったのですが、
「猟場」という、自分のテリトリーみたいなものがあって、
なかなか素人が狩りを始めるのは大変そうです

でも、今年の冬には京都市で狩猟免許の試験があるので、ぜひチャレンジしてみたい・・

肝心な燻製の作り方ですが、伺った猟師さんは作られたことは無いそうです。
ただ、雲ヶ畑で何人か、燻製にチャレンジされているとのことで、
今度はその方たちにお話を伺いたいです。

絶品、鹿肉の燻製を求めて、実行委員会は新たな指導者のもとへと向かうのであった
次回へつづく・・のか?

試作もやってみますので、また速報お待ちください♪


byだいひょー





大事なお知らせ!

 
さてさて、ちょっと報告が遅れておりますが;;

ミーティングも回数を重ね、だんだん大事なことが固まりつつあります


まずひとつめ。
今年の森文は、雨天(会場変更して)決行です!

企画して練り上げてたくさんの方々に楽しみにしていただいているこのお祭り。
雨なんかに負けるワケにはいきません!


晴天の場合は、雲ヶ畑林業センターを会場に予定しています。
薪ストーブもあってとてもステキなこの会場


ですが、雨天の場合はどうしても来場者の方々が濡れずには楽しめない…
ということで!
雨天時は元雲ヶ畑小中学校に会場変更予定です!(現在交渉中)


いくつかの企画は変更せざるを得ませんが;;


この日を楽しみにしてくださっている多くの方のためにも。
ぜひとも11月3日、文化の日に開催すべく現在調整中です

ちなみに雨天の判断は前日11月2日(金)の朝に行います。
このブログでもお伝えしますので、しっかりチェックをお願いします♪



続いてふたつめ。
今年の森文も、会場で使用できるのは金券です!

小さなお子さんにも安心して持たせられるよう(!?)
1枚50円、500円一綴りの金券を受付で交換できる制度です

会場内の美味しい料理やお土産などなど。
この金券で販売しておりますので、くれぐれも!
入場してすぐの受付での交換を忘れずにしてお楽しみください

余った金券はお帰りの際に受付で換金できますので、ご安心を♪


以上2点、特に大事なお知らせでした


気がつけば後約2ヶ月。
わくわくなお祭りを作りましょう!


(たかぎ)



profile

categories

archives

recent comment

  • 〜食べて飲んで、歌って踊ろう!森の文化祭!〜
    質問
  • 〜食べて飲んで、歌って踊ろう!森の文化祭!〜
    名無し
  • 〜食べて飲んで、歌って踊ろう!森の文化祭!〜
    名無し
  • 【お知らせ】雲ヶ畑写真展!
    たかぎさん
  • 【お知らせ】雲ヶ畑写真展!
    たかぎ
  • 【お知らせ】雲ヶ畑写真展!
    おーたに
  • 映画森の文化祭・ぬめこの大冒険―予告編―
    takagi

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
        

PR